綺麗な状態の自動車にする為には

やはり綺麗な状態の自動車の方が乗っていても気分が良いものです。その為に必要になってくるのが洗車です。

その洗車の際には色々な道具が必要になりますので、事前に用意しておくと良いでしょう。



必要な道具としては、スポンジやタオル、シャンプー、ワックス、バケツ、脚立などが挙げられます。

それらの道具の中でもスポンジやタオルの選び方には注意する必要があります。


スポンジは目の粗い物を選ぶ事が大切です。


スポンジの目が細かいと砂埃などを絡め取らずボディに傷を付けてしまう事があります。

目が粗いスポンジなら砂埃を中に絡め取ってくれますので、傷が付くのを防止する事ができます。拭き取り用のタオルにも注意する必要があります。




普通のタオルですとボディに傷を作ってしまう事がありますので、ボディに優しいセーム素材のタオルなどを利用すると良いでしょう。

それぞれの道具を準備したら洗車を行いますが、洗車の際にはお天気に注意するという事も大切です。



風の強い日ですとボディに砂埃が付着してしまいます。




その状態で洗車をしてしまうと傷を付ける事になりますので、風の無い日を選んだ方が安心して洗車を行う事ができます。

また、日差しが強い日も避けた方が無難です。
ボディが熱せられている状態ですと、すぐに水が蒸発する事になります。

ウォータースポットと呼ばれるシミを作り出す原因にもなりますので、カンカン照りの日などは避ける事が大切です。

自動車を綺麗にする為には外観を磨くという事も大切ですが、内装を磨く事も大切です。


自動車というのは密室ですので臭いが籠ってしまいがちです。
特に喫煙車両の場合ですとタバコの臭いが付いてしまっていますので、清潔な状態にする為にもシートなどのクリーニングを行う事も大切です。


自動車の綺麗な状態を維持しておけば売却する際にも高値を付けてもらい易くなります。

将来、高値で自動車を売る為にも日頃から自動車を綺麗にしておくと良いでしょう。



https://www.youtube.com/watch?v=NE-KMhmne74
http://www.jaai.com/tokyo/satei/
https://www.youtube.com/watch?v=DHSI82Bf0I8